スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●千曲川漂流プロジェクト 

_IGP4710_convert_20100812235412.jpg
8月7日、8日
 分水嶺甲武信岳に水源を発し、多くの支流を集めながら、日本海へその命をはき出す本邦最長の千曲川(信濃川)。その名の通り、大地をなめずり回すかのように蛇行するその姿は、まるで人体の血管を彷彿とさせる。空豆型の舟に閉ざされ、大自然に挑む3名のクルーたち。自然と繋がりながら、人と繋がりながら、そして自分と繋がりながら。その顛末やいかに・・・。
 2日間をかけた千曲川漂流によって「円環―命脈」プロジェクトはしめくくられる。千曲川漂流は「共生」を大テーマにした本プロジェクトの「回帰」ステージに当たる。修行を終えた桃太郎が金銀財宝を抱えて生まれ故郷に仲間とともに帰るといったイメージだ。金銀財宝とはこの場合プロジェクトの成果であり、表面的にいえば108体の繭玉である。  
 かつて対照的といえる信濃川と富士川の70㎞区間ほどを漂流し、今回をあわせると100㎞超。フォッサマグナ往還1000㎞の旅の10分の1を河川漂流によって移動したことになる。今回の旅は、長野県北部の小布施町にある小布施橋たもとを出航し、飯山市の湯滝橋までの34㎞区間。ゴール地点にはいいやま湯滝温泉がある。このコースを2日間をかけてゆったりと下る。
 8月7日、クルー3名をはじめとするスタッフ8名が小布施橋たもとに集結した。絶好の天候。3連結の空豆型をした舟に乗り込み、午後3時に出航。ひとりで孤独に流れていた今までとは違い、3名ともなると楽しい舟旅だ。1ヶ月ほど前、梅雨時に下見にきたときの川の表情とはうって変わって大変穏やかである。序盤のゆったりとした水域では、バランス感覚を確かめたり、3本の特製のオールで方向転換する練習をしながら徐々に川の流れに順応していく。自然は大きく偉大である。クルーたちは必要以上に会話することもなく、むしろ無言に自然界と語り合っているといった風である。心地よいまったりとした時間が続く。日照りは強かったが、川筋には特有の風があって気持ちがよい。出発早々、クルーの1人の「なんだあれ!」という奇声に岸辺に目を遣ると、なんとイノシシが水浴びをしている。私たちに気付くと、逃げるどころか、川を泳いで追いかけてきたのにはびっくりした。
 上今井橋を過ぎ谷間を縫うようになると千曲川の名前のごとく美しく蛇行しながら、同時に多くの瀬も姿をあらわす。最近はネットでも情報を収集することができるが、替佐の瀬とロングの瀬はカヌー仲間を魅了する存在のようである。水面を伝うようにして、遠くからゴーという不気味な雄叫びを感じる。瀬が近づいてきた証拠だ。水平線の遠くに、白く波立つ姿も確認できる。水嵩にも左右されるが、替佐はそれほど難しくなく、むしろ豪快に揺られながら流されていくといった感じだ。しかし油断は禁物。怪しく波立っている箇所には必ず巨石が隠れている。舟を川の流れに水平に保ちつつ、微妙にコントロールしながら流れのままに下っていく。
 替佐の瀬を過ぎてまもなくするとロングの瀬と思わしきエリアに到達。こちらの方が水のパワーがある。石もゴロゴロしていて先を予見した舵取りが生命線だ。いうまでもなく繭の舟は不安定でしかももろい。当たり所が悪かったり水平感覚を失うと一発で破損や沈没の恐れがある。スリルと隣り合わせだからこそ逆におもしろく、無意識に自然界と対峙することになる。大きな石、いや岩といった方がよいかもしれないが、随所に隠れ行く手を阻む。危うくぶつかりそうになり、水面下に黒く不気味にてかるその横っ面を見るにつけ、恐怖感を覚えたものだ。
 私の予想ではおそらく瀬のどこかで夜を明かすことになるだろうと腹をくくっていたが、意外にも順調に流され、目標にしていた古牧橋には明るいうちに到達。ちょうど漂流コースの中間地点を少しばかり過ぎたところだ。陸上隊の誘導で川べりの開けたスポットに幕営することができた。私とクルーメンバーの石原は繭の舟の中で過ごした。入り口となる楕円形の開口部には、切り取られたかのように美しい満天の星空が映り、虫や蛙の鳴き声にあわせて、常時「チャップン、チャップン」と小刻みに舟体に当たる水の心地よい音に、母体に包まれるかのような感覚を味わう。また、ランタンの灯は繭を赤く発光させ、幻想的な光景を演出した。
 2日目、明け方の寒さはこの時期尋常ではなく、幼虫のように体を丸めながら寒さをしのぐ。今日のコースはさして危険な箇所もない。折角の機会、子供も同乗して4名での出航。水の流れや水紋は本当に複雑で見ていて飽きない。淵や瀬はともかく、単純に流れているように見えるところでも水のゆっくりした上下運動が織りなすえもいえない美しい水紋や微少な渦がひしめき合い、まるで宇宙(コスモス)の相似象のようだ。また、流れには法則性があるようで、読み誤ると失敗にもつながる。実際、砂利の中洲に打ち上げられ座礁してしまったこともある。それでも中洲は魅惑的な異空間だ。しばし立ち寄りボーッとした時を過ごした。
 川では時たま釣り人や岸辺で水遊びをしている人々に出会う。カヌーやラフティングが盛んなエリアとはいえ、皆この奇っ怪な舟の形には微妙に反応していておもしろい。立ち寄って話もしたいところだが、すべては流れの中にいる私たちは、悲しいかな下流に流されるだけである。陸上隊から「けっこう早く流れているけど、どんな感じ?」とよく聞かれるが、実際に川の流れの中にいると速度は案外感じない。逆に陸上が流れているのだが、その速さを感じながら流速が推測できるといった不思議な構図である。
 この日は午前中から日光が照りつけ、プラスティック製の繭の中は蒸し暑い。川の水をかけ冷却する。のどが渇き陸上隊にお願いして橋の上からペットボトルの差し入れをヒモで吊り降ろしてもらったが、なかなか絵になる風景だった。
 スタートから3時間ほどたち、そうこうしているうちにゴールであるいいやま湯滝温泉に差しかかる青い橋が目に飛び込んできた。今日もやっぱり速いペース。平均すると、1日目時速6㎞、2日目5㎞。千曲川はゆったり流れているイメージがあったが、そうではない。水量が豊富でしかも深い。どっしりしている分ゆっくりに見間違えてしまうのだ。
 10時30分、温泉左岸にせり出している階段に到着。充実した2日間の幕が閉じた。皆で温泉につかりながら慰労し合った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。